2009年12月31日

「皆さま、どうぞよいお年を・・・」




あっという間に大晦日になってしまいました^^;

タダでさえ慌ただしい師走のこの時期に、気を取られる他のモノが重なりまして、すっかりブログも写真も放置状態になっておりました。

でもやっぱり、一年の締めは大事にしたい。

と言うわけで、年末年始大荒れ警報の最中、唯一太陽が顔を出した昨日の一枚を今年の撮り納めとしたいと思います。








ぼら待ちやぐら-1.jpg





能登は穴水湾の「ぼら待ちやぐら」の風景です。

江戸時代から伝わる日本最古の原始的な漁法で、7〜8メートルの丸太やぐらを組み、その上から海底に張ったフクロ網を見張り、ボラの群れがフクロに入ると網口の縄をたぐり寄せて獲るというのんびりした手法。

今ではもう行われておらず、こちらは再現されたものなんです。写真に写っている人影も模型。初めて見ると、リアルなのでドキッとするんですけどね(笑)

ちなみに現代の北陸では、ボラって食べません。少なくともそこらのお店では扱ってないですし・・・釣り糸垂らせば、釣れることは釣れるンですが、なぜかリリースの対象です。関西方面では食べると聞いたことがありますが・・・・

地方によって呼び名が違うのはよくある話ですが、食べたり食べなかったりするのは不思議なものですね!
(しかも昔は食べていたらしいのに、何かあったのかしらん^^;)





さて、今年一年間、楽しく絡んで下さった皆さま、そっと覗いて下さっていた皆さま、どうもありがとうございました!

どうぞ来年も変わらずご愛顧のほどよろしくお願い致します(笑)

ブログや写真については、今現在、ちょこちょこと考えていることがあるんですけど・・・・とりあえずは現状維持を心がけつつ、次の道を模索していくことになるかなあ〜と思っております。
(来年の運勢すこぶる悪いんだよ〜〜〜〜汗)

詳しくは追々と綴っていけたら・・・・





今年もあと数時間になりましたね。

前記事へ頂いたコメントへのレスが年を越してしまうという異常事態になりそうですが、どうか広いお心でお許し下さいまし・・・
(今回はご挨拶を兼ねて訪問優先させて頂きます〜〜)

ではでは皆さま、良いお年をお迎え下さいませぴかぴか(新しい)




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村




posted by りんりん丸 at 20:01| 石川 ⛄ | TrackBack(0) | その他の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

「びしゃえもん」




週間天気予報どおり、冬将軍が到来した金沢。


まだ地面に積もらないものの、毎日のように雪・あられ・みぞれが大仰な音を立てて窓を打ちつける。


空は鉛色。日の出が遅いことも相まって、朝も昼も、憂鬱な暗さだ。
それでもほんの時折、まぐれのように、重い雲間から青空と白い雲が現れる瞬間がある。


しかしそれも、シベリア経由の鋭い風に吹き散らされ、あっという間に鉛色の分厚いカーテンの向こうに消え去ってしまう。


北風の激しさと強さが、空を翻弄していた今日の朝。







今朝の空b-1.jpg








子供達が登校登園してから帰ってくるまでの間、エコと称して暖房器具を一切使わず過ごしているのだが、この寒波が来てからはあまりの寒さに、家の中でもダウンジャケットを着て家事をしている。


お昼ご飯も足をブルブル震わせながら急いでかき込んでいる。
最近ちょっとはまっている昼ドラも、白い息を吐きながら温かいゆず茶をすすって気を紛らわしつつ鑑賞している。


便利さに屈しない自分、誘惑に負けない自分に酔ってみたくて、もはやエコというよりは耐寒レースの訓練をしている状態だ。


「エコ」とは別名「やせ我慢」なのかもしれないorz






*********************************





昨日娘(小2)が、学校から帰るなり私に聞いた。


「ねえママ、びしゃえもんって知ってる?」


(びしゃ・・・・?なんじゃそりゃあ)


「じゃあ、ほていは?」


(ほていは知ってる。七福神の布袋さんなら。イヤ待てよ。あんたさっき、「びしゃえもん」言うたけど、もしかしてまさか・・・・『毘沙門天(びしゃもんてん)』のことかっ?!)


「あっ?それそれ!びしゃもんてん?そうそう、それやわ♪今日、学校の授業で勉強してん♪」


(へえ〜^^;どんなこと勉強したん?毘沙門天って何の神さまだった?)と聞いてみると。


「さあね〜〜〜知らない。その人おでこ広い?


・・・・知るか!!!毘沙門天のおでこのサイズなんか!!(笑)


しかもアホ娘、5分後にはまた記憶が「びしゃえもん」に逆戻り(泣)。


学校で学んだ時間を無駄にするなよ・・・と遠い気持ちになる母でありましたorz





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


posted by りんりん丸 at 15:10| 石川 ☔| Comment(20) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

「金柑のシロップ煮&DNA of 人生観」




冬の柑橘、金柑が出回り始めましたね〜。


たまたま立ち寄った店に、「あっこれは・・・」と思わず目を引くような、他よりも赤く熟した金柑が一袋だけあったので、思い切って買ってきました。


小さなボディにいくつか切り目を入れて、2度ほど茹でこぼし・・・皮の隙間から爪楊枝でタネをほじくり出します。
(以前、タネなんて食べるとき出せばいいじゃん!と思ってそのまんま作ったら、やっぱり食べる時のタネ出しがめんどくさかった^▽^;)


タネを抜いたら総重量の50%くらいの糖分を半量づつ加えて、ツヤツヤになるくらいまで煮詰めると。


これからの季節に必要な、ビタミンCをた〜っぷり含んだ、「金柑のシロップ煮」の出来上がり。






金柑のシロップ煮-1.jpg





柑橘特有の、清々しい、凛々しい香り。甘さの中にかすかに滲むほろ苦さ。丸ごと食すると、いかにもビタミンC摂ってますう〜〜〜!!って感じ(笑)


旬の味でもあり、見た目も美しいので、お正月のお節に使う方もおられるようですね。うちは・・・年内に食べ尽くしてしまう気がしますがorz






年末まであと三週間ちょっと。


昨年実行して大変重宝した「年末てきぱき大掃除マニュアル本」を紛失するという不幸な事件に遭遇。
(来年もまた見ながらやればいいわ♪と思って頭に叩き込んでいなかった為、ダメージ大><)

このままだと、また以前のように、行き当たりばったりで無駄な動きと時間の浪費の多い3週間を過ごしてしまいそう・・・・

何とか思い出しながら頑張るつもりですが、はてさて^^;






*********************************







マイコプラズマ肺炎から復活した娘(小2・7歳)が、元気になると同時に、息子(年少・4歳)に語った言葉に驚愕。



「あのねえ・・・人生ってさ、自分の思ったことと反対になることの方が多いものなんだよ。」



Σ(@▽@;)!!



7歳で、そういうこと悟るんだ・・・・(T▽T)


さすが血を分けた我が子というべきか。考えることがだんだん自分と似てきて笑ってしまう今日この頃なのでした。






7歳児の人生観に共感して頂けたら^^;
↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



タグ:金柑 保存食
posted by りんりん丸 at 19:13| 石川 ☀| Comment(31) | TrackBack(0) | 保存食など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

「一周年」






一周年の夜明け-1.jpg








ここのブログを始めて、一年が経ちました。


携帯で撮る写真なんてたかが知れてるし、「撮影」という言葉を使うのもおこがましいかも・・・と開設当初はとても心許なかったのですが、拙い写真を見て下さった皆さまからの、温かい励ましと応援を頂いたおかげで、休み休みながらも一年撮り続けることが出来ました。


言いたいこと、話したいことは本当はいろいろあるのですが、今はただ・・・・この溢れかえるようなネット上の世界の中で、小さなこの部屋を見つけて訪れて下さった皆さまとのご縁と、お忙しい中、拙い写真を見て何かを感じて下さった皆さま、さらに時間を割いてお言葉を残して下さった皆さま、応援ぽちをして下さったには、深く感謝を申し上げるばかりです。


本当にありがとうございます。


相も変わらず不器用で仕事が遅く、レス&ご訪問は牛歩並み、しかもコメントの下手さには我ながら赤面もののけしからん私なのですが・・・・


これからも、日々の記録、そして身近な風景への愛情を、細々と、かついろんな視点から綴っていけたら・・・と思っています。


宜しければ今後とも、変わらずお付き合い頂けたら嬉しいです。


2年目も、Linmal’sをどうぞよろしくお願い致します。





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



posted by りんりん丸 at 13:59| 石川 ☀| Comment(45) | TrackBack(0) | プロフィールなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

「師走の朝」





水仙が咲いているのを見つけた


近寄ってみたら


花びらの上にキリギリスが乗っていた


生きているとも死んでいるともつかない姿で








息を吹きかけたら


ほんの少し体を動かした


自慢の長い後ろ足は片方しかなかった







清々しい香りに包まれて


朝日を浴びるキリギリス


愛おしげに花びらを抱きしめて









花とキリギリス-1.jpg










野生のキリギリスは


11月にはみな死に絶えるという


師走に入っても尚生き長らえて


花の中に居場所を見つけた君は






きっと元気な頃に何かいいことをして


そのご褒美に神さまから


最期を好きな場所で迎えられるように計らって貰ったのかもしれない








かぐわしい香りに包まれながら


静かに命を終えようとしている君


粋なキリギリスに


なぜか涙が込み上げた













にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
posted by りんりん丸 at 10:04| 石川 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。