2011年01月13日

「今からが旬〜加賀野菜・二塚からし菜」






今日、初めて購入した「二塚からし菜」。


石川の伝統野菜、いわゆる加賀野菜の一つに数えられている健康野菜だ。




W61CA 004.jpg




ワサビに似た辛味と香味が特徴で、ツンと鼻をつく風味を持つ大人な野菜。

白菜の外葉のような、厚手で濃い緑の葉。太く真っ直ぐな茎。

地味だが一本気で実直な印象のこの二塚からし菜は、まさに今からが旬の冬野菜。



天然の辛味成分(シニグリン)が食欲増進効果を発揮し、ビタミンAやカルシウム、カリウムも豊富に含まれている。



かつて栽培が途絶えたものの、近年、伝統の味として復活した幸運と強運の持ち主だ。






なぁんて物知り顔で語っているが、実際に自分で扱うのはこれが初めて。


なぜなら・・・・


このからし菜、「調理時、湯通しの温度が高すぎると香味が苦味に変わり、味が損なわれてしまうデリケートな野菜」であり、「一歩間違えると苦くて食べれたものじゃなくなる」とのもっぱらの噂を聞いていたからだ。


そんな怖い野菜に手を出すほどギャンブラーでない私は、今まで売り場にいる彼を見て見ぬふりをして通り過ぎていた、まっこと冷たいオンナだった。


ところが今日は手が出た。出てしまった。100円の値札に手がくっついてしまった。


買ってきたからには、無事美味しく食べられるよう全力を尽くさねばならない!








苦みを出さず、辛く仕上げるには素早い調理と温度管理が全て。


お湯を沸かし、からし菜を洗い、塩(からし菜の3〜5%)を計って用意し、ざると氷水も完備。後は湯通しするだけだ!


一呼吸おいて、沸騰直前だったお湯の入った鍋を手に持ち、からし菜に掛けた。


「わぁあああああぁっ!!!!!」


メガネが曇ってナニも見えない(号泣)


火を通し過ぎないよう、素早く氷水につける作戦は一瞬にして滞った。ボウルはどこ。からし菜はどれ・・・過ぎる時間、飛ぶ水飛沫、焦るアラフォー。








何だかよくわからない視野の中で賢明に水分を切り、ざく切りにした。塩を丹念に揉み込み、味見。





W61CA 012.jpg





ひょお〜〜辛子和えの味がする!いや、ワサビ漬けか?


恐れていた苦みはなし。軽やかに鼻孔を抜ける香気が素晴らしい。おつまみに最高。


あっ、写真なんか撮ってる場合じゃない。すぐに保存容器に移さないと、香気がトンでしまうそうだ。


これを冷蔵庫で最低2〜3時間冷やすと、更に辛みが引き出されるらしい。ただ今熟成中。味見楽しみ。





これにてミッション完了。


これでまた一つ、加賀野菜を征服出来たりんりん丸であった。
(即席漬けで征服したなんて豪語するヤツはどこのどいつだ・・・)






追記。


辛み増しました。噂は本当でした。鰹節をたっぷり掛けて、ポン酢を垂らしてヤツを出された旦那曰く「これなら毎日でも食べたい!!!」そうだ。



posted by りんりん丸 at 17:08| 石川 ☁| Comment(10) | 加賀野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スイマセン…
メガネが曇ってナニも見えないの部分で笑ってしまいました〜
なんかその時の様子が想像できそうな感じです!
でも、仕上がりはとっても美味しそうですね♪
きっと、ビールとかにも合うんでしょうね〜
Posted by サクラびより at 2011年01月13日 22:29
こんばんはー
美味しそうです!
いいおつまみですね〜
白いご飯も進みそうです^^
Posted by Life at 2011年01月13日 22:47
分かる〜メガネが曇って鍋の中が見えないって。
とくに冬場は一気に蒸気に包まれる気がしますね。
とっても美味しそう。きっといい塩梅でしょうね♪
Posted by mio* at 2011年01月14日 10:04
「二塚からし菜」これも加賀ブランドの一つなんですね。
私が以前住んでいた佐渡島では、春先になると
野生のからし菜が土手とかそこかしこに生えてい
ました。
外見よく似てるから仲間だと思います。
もしや能登半島から流れ着いた二塚からし菜の
末裔では??
佐渡では摘んできて洗ってザク切りにし、熱湯を回しかけるんです。
湯気にも刺激成分があって目がチクチクしたっけ。
そのあとビンにぎっしり詰めて醤油味にしました。
ぴりっとして美味しかったわ〜。

Posted by nekomama at 2011年01月15日 21:10
可笑しくて面白くて、声を出して笑ってしまいました(^o^)///
目の前にりんりん丸さんの姿が浮かんできました^^
100円の値札に手がくっついた姿、メガネが曇って何も見えない姿・・・
自分の姿ともダブりました^^

からし菜、見かけたことあります。
今度見かけたら、手がスッとくっつくと思います^^
そのぐらい印象に残りました☆

最後は大成功で、とっても美味しそうです(*^-^*)
Posted by ほよりん at 2011年01月15日 23:21

 >サクラびよりさま

 いえいえ、笑って頂けたらそれだけで満足?です。
 シ〜〜〜ンとされるのが一番怖い(笑)
 とりあえず白いご飯がガンガンすすみますが、きっとアルコールにも合うに違いないです!!
 飲み過ぎる危険大です。

Posted by りんりん丸 at 2011年01月16日 20:58

 >Lifeさま

 白いご飯、めっちゃすすみましたよ〜。
 冬ごもりするにはぴったりの食材かもしれません。

Posted by りんりん丸 at 2011年01月16日 21:01

>mio*さま

冬場は何が危険って、一番は炊きたての炊飯ジャーの蓋を開けた瞬間ですね。

ホントに何も見えなくなりますから。
ご飯をほぐすために開けたのに、肝心のご飯が見えません。

おしゃれなメガネが、冬は台無しです(笑)

Posted by りんりん丸 at 2011年01月16日 21:19

 >nekomamaさま

 からし菜は、日本に30種類の地方品種があるそうですよ!
 佐渡のからし菜は、おそらく佐渡在来のからし菜なんでしょうね。
 地域によってはnekomamaさんが仰るように、河原に自生してたりするようです!

 私は元々辛いのは苦手な方だったんですが、何だか歳と共に刺激を受け入れるキャパシティが広がってきたような(笑)
 今朝もご飯と一緒にモサモサと味わいました。
 「辛い!!けどもう一口!!」な味なんですよね〜〜〜^^

Posted by りんりん丸 at 2011年01月17日 10:01

 >ほよりんさま

 せっかく隠していたおバカさ加減が、どんどんバレていきますね。
  
 からし菜、見かけたことありますか!ならばぜひ、お試し下さい。
 出来ればダテメガネかサングラスを着用して調理願います。
 「これね!これがそうなのね!!」
 辛さより先に、劇的な曇り具合をまず味わって頂きたいと思います。
 なお、ご飯が進みすぎて冬太りする結果になったとしても、当方では責任を負いかねますのでご了承下さい!(笑)

Posted by りんりん丸 at 2011年01月17日 10:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。