2011年02月03日

埋没後の夕暮れ…




一月末に突如北陸地方を襲った記録的大雪。


最深積雪量が観測史上最大を更新する中、JR北陸線の金沢〜敦賀間で特急が雪により立ち往生し、乗客1000人余りが食料や水の提供を受けながら車内で二晩を明かした。


そんな悲運の乗客の中に


実は、りん丸ファミリーも混じっていた・・・・・・・・^^;








雪に埋まる敦賀駅_1.jpg








これは、隣に停車していた普通車両。


車窓から見えるホームの上には、アッという間に1mを超える屋根雪が。一度止まった列車は、一夜明けても運転再開する気配もなく、先の見えない待ち時間に嘆息しか出ない。退屈にしびれを切らした我が子らを雪で覆われたホームに連れ出し、雪だるまを作ってベンチに並べたり、雪合戦したりして気を紛らわせる。


そうする間も容赦なく降りかぶる雪に、みるみるうちに線路が消えて埋まっていく。ラッセル車による除雪が意味を為さないほど、次から次へと雪が駅を、線路を、真っ白に埋め尽くしていく。


一日乗り切ればなんとかなる・・・との願いも空しく、持久戦はさらにその翌日まで持ち越された。


もともと乗車率100%を超え、通路にもたくさんの乗客が立つほどだった超満員の特急自由席。りん丸家も席が足りず、ギュウギュウ詰めでやっと座っていたのも疲労に繋がった。
(飛行機が欠航したため、急遽飛び乗った新幹線&特急。傾れ込む乗客に指定席もなく)


小学生&幼児連れは偶然にもうちだけだったようで、倦怠感漂う車両内では少しでも騒ぐと目立つ目立つ^^;長丁場子供らを静かにいさせるのは大変だった。息子のリュックに入れておいた駄菓子が、その時はずいぶんと助けになった。


繰り返される「運転再開のめどは立っておりません。大変ご迷惑をお掛けしております」のアナウンス。高速道路も通行止め。下道も壊滅的状況。もはや先に行くことも出来ず、後に戻ることも出来ず。ただただ、じっと待つのみ。








そうやって本当なら1月30日夜には金沢へ帰るはずのところ


自宅に帰還したのは2月1日昼過ぎだった・・・・・




















そんな魔の時間から解放された翌日見た夕日。











W61CA 003-1_1.jpg












今さらこんな晴れなくても。


・・・・


ま、とりあえず無事帰れて良かった。



もう冬場に遠出は致しませんです。はい。









タグ: 夕日
posted by りんりん丸 at 09:48| 石川 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そ、そ、そんな事になってたのですね!!
それは大変でしたね…
特に大人は多少は我慢出来ても、
子供達は辛かったでしょうね。
でも、どちらの写真も良い感じですね〜
Posted by サクラびより at 2011年02月03日 22:30
なんと!!!
TVのNEWSで見る度に大変だなぁ〜って思ってみていた中に
りんりん丸さんが居たなんて^^;
お疲れでしたね。
もしや、TVでお見かけしていたのかも??(笑)

家の方は大丈夫でしたか?雪できしんでなかった?

にしても、あっちでもこっちでも大雪で立ち往生
ホントに今年はどうなってるんでしょうね・・・

もう、これ以上は酷くならないことを願いますね^;
Posted by ダーリンCHU! at 2011年02月03日 23:56
こんばんはー
二晩ですが!?
本当に大変だったんですね〜
それにしてもすごい雪ですねー!!
無情にも夕陽が綺麗です
無事に帰れてなによりです^^
Posted by Life at 2011年02月04日 00:24

 >サクラびよりさま

そ、そ、そんな事になってたんです・・・
歳のせいか、未だ疲れが抜けません><

娘曰く「あんなに退屈な思いしたの、人生で初めてやわ」
40年近く生きてる私だって初めてです。

お陰様で、親子共々忍耐力のスキルは格段にアップしたと思われます。
Posted by りんりん丸 at 2011年02月04日 17:30

 >ダーリンCHUさま

おお。ニュースで見て下さっていましたか。
二日目は何やら、記者さんが車窓の向こう側から写真を撮ってましたよ。
顔も洗えずテカテカに光っている姿を激写されたら辛いわ〜〜と思っていたんですが、
お目汚しせずに済んだなら幸いです。

家に入れるかどうか心配して帰りましたが、意外と大丈夫で拍子抜けしました。
いや、福井県内が凄すぎたんだと思いますが。

大雪はこの辺で打ち止めとなることを私も願います。
雪かきした後も筋肉痛が後を引いてかないませ〜ん!(号泣)

Posted by りんりん丸 at 2011年02月04日 17:33

 >Lifeさま

宿泊装備なしでの車内連泊は、リアルに耐久トライアルでした。
隣に座っていたオッサマのいびきが、雪より酷くて二晩眠れず(苦笑)
おかげで未だに疲れが抜けません。

回復に手間取るのは歳を取った証拠ですね・・・(泣)

Posted by りんりん丸 at 2011年02月04日 17:39
^^こんばんは。
あらぁ〜もしかしてサンダーバードかしらさぎに乗ってたんですか?
新幹線乗り継ぎですからしらさぎですね。
それは大変ご苦労様でした。
大変だったと思いますが、この時の経験や思いがいつか役にたつといいですね。
Posted by Haruurara at 2011年02月05日 23:06

>Haruuraraさま

あらぁ〜って、どこかのお姉さんみたいな(笑)
そうですよ〜〜しらさぎで嵌りましたよぉ〜〜
しばらく電車には乗れそうもないですね。
「東京=家に帰れないかもしれない」がセットの記憶になってしまいました。
自分が思っているより深いところでトラウマになってしまったようです。

えぇ、おかげさまでスキルアップには繋がったと思います。
今なら行列の出来るラーメン屋さんにも平常心で並べる気がします。


Posted by りんりん丸 at 2011年02月07日 09:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183910272
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。