2011年11月17日

とある秋の夜明け



日に日に、夜の明けるのが遅くなってきた。


お弁当作りに起きる時間は、今や真っ暗だ。


朝日が射し込む窓の位置もすっかり変わり・・・・・


最近では、家族が起きてくる頃にようやく空が明るみを増す。





初秋の夜明け2.jpg






posted by りんりん丸 at 12:50| 石川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

晩秋の空




見上げると



晩秋の空はこんな感じ。






晩秋の空_1.jpg









タグ: 風景
posted by りんりん丸 at 12:12| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

空高く





天高く2-1_1.jpg





空高く



我肥ゆる秋











空の多彩な表情が楽しめる季節となりました





タグ: 風景
posted by りんりん丸 at 11:06| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

初秋の夜明け



眠れぬまま迎えた夜明け。





初秋の夜明け-1_1.jpg





昇る陽の赤さに目の赤さも霞んで。


まるで一日の終わりを思わせる空の色に、溜め息が出た。





タグ:朝焼け
posted by りんりん丸 at 14:27| 石川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

賑やかな梅雨空




熱風。霧雨。ミストサウナを彷徨っているような気分になる街中。





賑やかな梅雨空_1.jpg







梅雨空って案外賑やかなんだなぁ。







posted by りんりん丸 at 22:41| 石川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

ぼわぼわ〜と広がる夕空




久しぶりの晴天。思わず心も晴れやかに。


そんな日の夕方は、何だか雲がぼわ〜〜〜と広がっていました・・・・・






W61CA 0216-1_1.jpg








タグ: 夕焼け 風景
posted by りんりん丸 at 21:10| 石川 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

立春を過ぎて・・・








W61CA 002-1_1.jpg









雪国の冬はまだまだ続きます・・・






タグ: 風景
posted by りんりん丸 at 08:58| 石川 ☔| Comment(18) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

埋没後の夕暮れ…




一月末に突如北陸地方を襲った記録的大雪。


最深積雪量が観測史上最大を更新する中、JR北陸線の金沢〜敦賀間で特急が雪により立ち往生し、乗客1000人余りが食料や水の提供を受けながら車内で二晩を明かした。


そんな悲運の乗客の中に


実は、りん丸ファミリーも混じっていた・・・・・・・・^^;








雪に埋まる敦賀駅_1.jpg








これは、隣に停車していた普通車両。


車窓から見えるホームの上には、アッという間に1mを超える屋根雪が。一度止まった列車は、一夜明けても運転再開する気配もなく、先の見えない待ち時間に嘆息しか出ない。退屈にしびれを切らした我が子らを雪で覆われたホームに連れ出し、雪だるまを作ってベンチに並べたり、雪合戦したりして気を紛らわせる。


そうする間も容赦なく降りかぶる雪に、みるみるうちに線路が消えて埋まっていく。ラッセル車による除雪が意味を為さないほど、次から次へと雪が駅を、線路を、真っ白に埋め尽くしていく。


一日乗り切ればなんとかなる・・・との願いも空しく、持久戦はさらにその翌日まで持ち越された。


もともと乗車率100%を超え、通路にもたくさんの乗客が立つほどだった超満員の特急自由席。りん丸家も席が足りず、ギュウギュウ詰めでやっと座っていたのも疲労に繋がった。
(飛行機が欠航したため、急遽飛び乗った新幹線&特急。傾れ込む乗客に指定席もなく)


小学生&幼児連れは偶然にもうちだけだったようで、倦怠感漂う車両内では少しでも騒ぐと目立つ目立つ^^;長丁場子供らを静かにいさせるのは大変だった。息子のリュックに入れておいた駄菓子が、その時はずいぶんと助けになった。


繰り返される「運転再開のめどは立っておりません。大変ご迷惑をお掛けしております」のアナウンス。高速道路も通行止め。下道も壊滅的状況。もはや先に行くことも出来ず、後に戻ることも出来ず。ただただ、じっと待つのみ。








そうやって本当なら1月30日夜には金沢へ帰るはずのところ


自宅に帰還したのは2月1日昼過ぎだった・・・・・




















そんな魔の時間から解放された翌日見た夕日。











W61CA 003-1_1.jpg












今さらこんな晴れなくても。


・・・・


ま、とりあえず無事帰れて良かった。



もう冬場に遠出は致しませんです。はい。









タグ: 夕日
posted by りんりん丸 at 09:48| 石川 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

モーレツ寒波襲来直前の夕景







W61CA 036-1_1.jpg









鉛色の空を見慣れてしまうと


たまの太陽の光が 異様に眩しく 奇異に感じる






こんな夕日がフロントガラスに射し込んできた日には


「なにごと!?」と大騒ぎもの







珍事に遭遇した気分でパチッとやった直後


暴風雪警報が発令された











ほんとハンパねぇ寒波襲来でびっくりやわ^^;











タグ: 夕焼け
posted by りんりん丸 at 14:11| 石川 ☁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

降ったり止んだり、曇ったり晴れたり




冬の金沢は



雪が突然烈しく降ったり止んだり



一瞬にして空が灰色になったり青色になったり



呆れるほど目まぐるしい。






W61CA 001-1_1.jpg





日本海を臨む旅路は、いつだって先行きが不安になるよな空模様(観光業界からクレームがつくか?)




でもたまにいいこともある。






W61CA 015-1_1.jpg





白い雪の上を青い風が吹き抜けるのは気分がいい。




一分後は、またまた吹雪だけど。




冬の金沢へ来るなら、底がツルツルの革靴は厳禁です。




タグ:
posted by りんりん丸 at 14:28| 石川 ☁| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。