2011年01月13日

「今からが旬〜加賀野菜・二塚からし菜」






今日、初めて購入した「二塚からし菜」。


石川の伝統野菜、いわゆる加賀野菜の一つに数えられている健康野菜だ。




W61CA 004.jpg




ワサビに似た辛味と香味が特徴で、ツンと鼻をつく風味を持つ大人な野菜。

白菜の外葉のような、厚手で濃い緑の葉。太く真っ直ぐな茎。

地味だが一本気で実直な印象のこの二塚からし菜は、まさに今からが旬の冬野菜。



天然の辛味成分(シニグリン)が食欲増進効果を発揮し、ビタミンAやカルシウム、カリウムも豊富に含まれている。



かつて栽培が途絶えたものの、近年、伝統の味として復活した幸運と強運の持ち主だ。






なぁんて物知り顔で語っているが、実際に自分で扱うのはこれが初めて。


なぜなら・・・・


このからし菜、「調理時、湯通しの温度が高すぎると香味が苦味に変わり、味が損なわれてしまうデリケートな野菜」であり、「一歩間違えると苦くて食べれたものじゃなくなる」とのもっぱらの噂を聞いていたからだ。


そんな怖い野菜に手を出すほどギャンブラーでない私は、今まで売り場にいる彼を見て見ぬふりをして通り過ぎていた、まっこと冷たいオンナだった。


ところが今日は手が出た。出てしまった。100円の値札に手がくっついてしまった。


買ってきたからには、無事美味しく食べられるよう全力を尽くさねばならない!








苦みを出さず、辛く仕上げるには素早い調理と温度管理が全て。


お湯を沸かし、からし菜を洗い、塩(からし菜の3〜5%)を計って用意し、ざると氷水も完備。後は湯通しするだけだ!


一呼吸おいて、沸騰直前だったお湯の入った鍋を手に持ち、からし菜に掛けた。


「わぁあああああぁっ!!!!!」


メガネが曇ってナニも見えない(号泣)


火を通し過ぎないよう、素早く氷水につける作戦は一瞬にして滞った。ボウルはどこ。からし菜はどれ・・・過ぎる時間、飛ぶ水飛沫、焦るアラフォー。








何だかよくわからない視野の中で賢明に水分を切り、ざく切りにした。塩を丹念に揉み込み、味見。





W61CA 012.jpg





ひょお〜〜辛子和えの味がする!いや、ワサビ漬けか?


恐れていた苦みはなし。軽やかに鼻孔を抜ける香気が素晴らしい。おつまみに最高。


あっ、写真なんか撮ってる場合じゃない。すぐに保存容器に移さないと、香気がトンでしまうそうだ。


これを冷蔵庫で最低2〜3時間冷やすと、更に辛みが引き出されるらしい。ただ今熟成中。味見楽しみ。





これにてミッション完了。


これでまた一つ、加賀野菜を征服出来たりんりん丸であった。
(即席漬けで征服したなんて豪語するヤツはどこのどいつだ・・・)






追記。


辛み増しました。噂は本当でした。鰹節をたっぷり掛けて、ポン酢を垂らしてヤツを出された旦那曰く「これなら毎日でも食べたい!!!」そうだ。



posted by りんりん丸 at 17:08| 石川 ☁| Comment(10) | 加賀野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

「旬の味〜加賀野菜・金時草♪」




今日もまたムッシムシの灰色の空が続いている金沢・・・・・^^;





灰色の梅雨空-1.jpg





実は今日は、4歳の息子が初・お泊まり会(幼稚園主催)を体験中のため、至って静かな我が家です。

初めて親と離れて過ごす夜、ちゃんと食べたかな・・・ちゃんと寝てるかな・・・と思いながらの更新です(苦笑)




日中は、いつも私と娘(7歳)の間に割り込んで騒ぐ息子がいないため、二人でゆっくりと「手作り絵本体験教室」に行って来ました。

その帰り道には、女二人で雑貨屋さんの店内をウロウロ(笑)

娘などは若干7歳ながら、キラキラ光り物の多い店内に魅力を感じるらしく「これが全部タダだったらなあ〜〜〜〜」なんて独り言をほざいていました(笑)

店に入る前に「見るだけよ!」「わかってる!見るだけだから!!」という会話を交わしたにもかかわらず、娘に懇願されて、今友達の間で流行っているという、アクセサリー代わりのシュシュを一つだけ買ってしまいましたがね^^;

そして珍しく、自分にも・・・・初めて見る「バナナクリップ」という形のヘアアクセサリーを買ってしまいました〜〜^^;

↑「髪が多くても長くても留めやすく、お洒落にキマル」という謳い文句にやられた(苦笑)








で、ようやく本題の金時草(キンジソウ)ですが(笑)

これ、表が緑、裏が赤紫色というリバーシブルな菜っ葉です。

葉の裏側の色が、金時芋の鮮やかな赤紫色に似ていることから、金時の名がついたようです。





金時草(葉裏)-1.jpg





茹でると、この赤紫色の由来であるアントシアニンが溶け出して、目にも鮮やかな煮汁が生まれます。葉は両面緑色に変わりますが、さっと茹でることによってぬめりが生まれます。

(この煮汁を使って、赤ワインのような色合いの金時草のゼリーを作ったりも可)

茎は使わず、葉だけをちぎって、いろいろな料理に使います。





金時草(摘んだ葉)-1.jpg





代表的なところでは、おひたし、酢の物、天ぷら、味噌汁などなど・・・・炒め物にも使えます。
刻んでチャーハンに入れた日には、赤紫色のチャーハンが出来上がります。
初めて作った時、まるで魔法使いが食べそうな怪しげな色のご飯に、思わず「これ、食べれるの・・・」とビビッたことを思い出します・・・・
(生でも食べられるそうですが、私自身は生食の経験はなし^^;)



キク科の植物ですが、春菊のような強烈なクセはないです(私、春菊は苦手で食べられませんが、これは大丈夫です)。
それでも、ほうれん草や小松菜に比べ、目をつぶって食べても「あ、これ金時草だね」とわかる程度の風味はあります。

火を通しすぎずにシャキシャキした歯ごたえを楽しむのがよいとされる野菜なので、この日も熱湯で30秒くらい茹でて水に晒した後、ダシを利かせた酢醤油で和えて鰹節をたっぷり載せて、夏らしいシャキシャキ感を味わってみました。





この金時草、血糖・血圧の上昇を抑制したり、抗酸化作用もあるそうです。

沖縄の方では、違う名前で呼ばれて昔から食されているようですが・・・・きっとご存じない方が殆どなんでしょうねえ〜〜

葉をむしって坊主になった茎は、水に挿しておくとまた葉っぱが生えてきて料理に使える強健さ。プランターに植えたりなんかしたら、延々と金時草を食べ続けることになるかもしれません(笑)

もしアナタの町のお店で見掛けたら・・・・ショッキングカラーを怖れずに、一度お試し下さいませ。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑ランキング参加中!「金時草初めて知った〜〜」という方も「知ってるよ〜〜」な方もどうぞぽちっと^^


posted by りんりん丸 at 23:14| 石川 ☁| Comment(22) | TrackBack(0) | 加賀野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

今からが旬「加賀太きゅうり」♪



加賀太きゅうり-1.jpg




これ・・・一応きゅうりです。

加賀野菜の一つで、この時期から旬が始まる金沢特産の「加賀太きゅうり」という野菜です。

昨年、キリンビールの全国CMで、佐藤浩市さんがコレを縁側で丸かじりしてから、ちょっとばかしブレイクしたらしいけど、まだまだ知らない方の方が多いのではないでしょうか。
(去年は30倍の注文が殺到したとか^^;恐るべしメディア効果)




直径6〜8センチほども太さがあり、長さは18〜25センチもあるジャンボきゅうり。

ズシリと重く、日持ちもし、冬瓜に比べるとほどよい歯ごたえ。

酸性に傾きがちな体の調子を整え、肌を美しくする効果があると言われています。





加賀太きゅうり(皮を剥いたら)-1.jpg




皮を剥いたらこんな感じね。CMでは佐藤さんが丸かじりしていたようですが、地元では加熱調理に使うのが主流です^^;
(いきなりガブっには正直驚いた^^;)




加賀太きゅうり(断面図)-1.jpg




中身は普通のきゅうりとそっくり・・・に見えますが、種のサイズはビッグです!

スプーンなどでくりぬいて使います。




加賀太きゅうり(種を取ったら)-1.jpg




この日は、一口大に切った太きゅうりをさっと下ゆでしてから、調味料で炒め煮して、揚げた豚肉と合わせてあんかけにしていただきました〜〜
(あんかけにして食べるのが金沢流らしい。温かいままでも冷やしても良し!)

もちろん酢の物や、塩もみでもいけますが、果肉がしっかりしているため煮たり炒めたり出来るから、主菜に使えて便利ですね。






もしどこかでブッといきゅうりを見掛けたら・・・・手にとって見て下さい。

一応ブランド野菜の一員なので、そのダイナマイトボディに「加賀野菜」のラベルが貼ってあったら、それはりん丸んとこ(金沢)で生まれ育ったキュウリに間違いありません。

細いキュウリしか知らない方はビビるサイズだと思いますが(笑)良かったらどうぞ使ってやって下さいネ^^









読んで下さってありがとうございます♪

よろしければこちら↓↓↓もクリックして頂けると嬉しいです♪^^


blogram投票ボタン
  


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村 






posted by りんりん丸 at 12:42| 石川 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 加賀野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。