2011年01月13日

「今からが旬〜加賀野菜・二塚からし菜」






今日、初めて購入した「二塚からし菜」。


石川の伝統野菜、いわゆる加賀野菜の一つに数えられている健康野菜だ。




W61CA 004.jpg




ワサビに似た辛味と香味が特徴で、ツンと鼻をつく風味を持つ大人な野菜。

白菜の外葉のような、厚手で濃い緑の葉。太く真っ直ぐな茎。

地味だが一本気で実直な印象のこの二塚からし菜は、まさに今からが旬の冬野菜。



天然の辛味成分(シニグリン)が食欲増進効果を発揮し、ビタミンAやカルシウム、カリウムも豊富に含まれている。



かつて栽培が途絶えたものの、近年、伝統の味として復活した幸運と強運の持ち主だ。






なぁんて物知り顔で語っているが、実際に自分で扱うのはこれが初めて。


なぜなら・・・・


このからし菜、「調理時、湯通しの温度が高すぎると香味が苦味に変わり、味が損なわれてしまうデリケートな野菜」であり、「一歩間違えると苦くて食べれたものじゃなくなる」とのもっぱらの噂を聞いていたからだ。


そんな怖い野菜に手を出すほどギャンブラーでない私は、今まで売り場にいる彼を見て見ぬふりをして通り過ぎていた、まっこと冷たいオンナだった。


ところが今日は手が出た。出てしまった。100円の値札に手がくっついてしまった。


買ってきたからには、無事美味しく食べられるよう全力を尽くさねばならない!








苦みを出さず、辛く仕上げるには素早い調理と温度管理が全て。


お湯を沸かし、からし菜を洗い、塩(からし菜の3〜5%)を計って用意し、ざると氷水も完備。後は湯通しするだけだ!


一呼吸おいて、沸騰直前だったお湯の入った鍋を手に持ち、からし菜に掛けた。


「わぁあああああぁっ!!!!!」


メガネが曇ってナニも見えない(号泣)


火を通し過ぎないよう、素早く氷水につける作戦は一瞬にして滞った。ボウルはどこ。からし菜はどれ・・・過ぎる時間、飛ぶ水飛沫、焦るアラフォー。








何だかよくわからない視野の中で賢明に水分を切り、ざく切りにした。塩を丹念に揉み込み、味見。





W61CA 012.jpg





ひょお〜〜辛子和えの味がする!いや、ワサビ漬けか?


恐れていた苦みはなし。軽やかに鼻孔を抜ける香気が素晴らしい。おつまみに最高。


あっ、写真なんか撮ってる場合じゃない。すぐに保存容器に移さないと、香気がトンでしまうそうだ。


これを冷蔵庫で最低2〜3時間冷やすと、更に辛みが引き出されるらしい。ただ今熟成中。味見楽しみ。





これにてミッション完了。


これでまた一つ、加賀野菜を征服出来たりんりん丸であった。
(即席漬けで征服したなんて豪語するヤツはどこのどいつだ・・・)






追記。


辛み増しました。噂は本当でした。鰹節をたっぷり掛けて、ポン酢を垂らしてヤツを出された旦那曰く「これなら毎日でも食べたい!!!」そうだ。



posted by りんりん丸 at 17:08| 石川 ☁| Comment(10) | 加賀野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

バリバリ。

 



  
ふわふわだった雪も


気温の変化と共に姿を変える


まずはざらざら


次はガリガリ


日中溶けて、夜また凍るを繰り返し


踏めば鳴るよな バリバリ雪の道になる










ガリガリの雪道-1_1.jpg










暗い北陸の冬


行き交う人々は皆うつむき加減


猫背な姿を 音が追う


バリバリ バリバリ バリバリ バリバリ


一に集中、二に集中


足の運びを誤ると


「ケガするぜ、ベイベー。」









タグ:風景
posted by りんりん丸 at 10:26| 石川 ☔| Comment(10) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

Snow way





足元に一筋の光





静かに浮かび上がる Snow way








W61CA 009_1.jpg








タグ:風景 自然
posted by りんりん丸 at 11:16| 石川 ☁| Comment(16) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。